屋根の塗装・メンテナンス

屋根の塗装・修繕(カバー工法)

スレート系(カラーベストなど)、金属系(トタン屋根)、
セメント系(セメント瓦)の屋根には塗装が必要です。


屋根の劣化を放置すると雨漏りの原因になります。


外壁同様、10年ごとのメンテナンスがオススメですが、塗料によって前後するので
外壁塗装を考えている方は自分ではなかなか見ることができない屋根も見てもらうといいでょう。


(別々にやると足場代がその都度かかりコストがかかるので一度にやった方が安くすみます。)


スレート屋根の塗装
1、足場を組む
2、高圧洗浄する。
3、鉄部のサビ取りや屋根の下地処理
4、鉄部のサビ止め、屋根にシーラーを塗る
5、(縁起り材のタスペーサーを取り付ける) ☆1
6、中塗り
7、上塗り
8、(タスペーサーなしの場合は縁切り) ☆2


☆1 スレート屋根は平らなので、屋根材と屋根材の隙間が狭いです。
この隙間が塗料でふさがれてしまうと屋根に湿気がこもりカビや腐食の原因になります。
塗料で隙間を埋まらないように隙間に入れ込むものがタスペーサーです。
使わない業者もあります。


☆2 タスペーサーを使わなかった場合は縁切りをします。
縁切りはお好み焼きをひっくり返す時に使うような
ヘラ(カワスキ)で固まった塗料を切って隙間をつくります。


モニエル瓦の場合、瓦表面を保護しているスリラー層があります。
高圧洗浄後スリラー層を除去してから防カビ剤を塗布しなければいけません。


もし瓦の見極めができてないと、防カビ剤を省いてしまうケースがあるそうです。
モニエル瓦の主なメーカはラファージュ・ルーフィング社があります。


屋根の修繕(カバー工法)


スレート屋根(カラーベスト)のリフォームでカバー工法(重ね葺き)というものがあります。
もともとスレート屋根は厚さが5ミリと薄い素材でできているので劣化すると、
屋根の上に乗って塗装することが困難になります。


屋根の痛みが激しい場合、今ある屋根の上に新しい屋根を乗せるカバー工法をします。


1、棟カバーや樋を外します。
2、高圧洗浄し、放水シートを敷きます。
3、軒先を金属のパーツで包み保護します。
4、屋根を下から上に葺きます。
5、棟カバーをつけます。(棟木の上に金属板でカバーします。)


カバー工法は古い屋根を撤去しないのでゴミが出ず地球に優しいです。
撤去する手間がないので工事期間が短く費用も抑えることができます。
また、屋根が2重になることで断熱性、遮音性が高まります。


昔のスレート屋根にはアスベスト(石綿で体内に吸い込むと有害)が含まれているものが多いです。
アスベストは屋根材を撤去する時に舞い上がってしまいますが、カバー工法ならその心配がありません。


カバー工法のデメリットは屋根の重量が増えること。


ほとんどの家では耐えることができる重さですが
建物の強度や耐震性によっては負担になるケースもあるそうです。


心配な場合は業者とよく相談し軽い屋根材をお願いするといいでしょう。




>>【外壁塗装の費用相場ナビ】相場料金を事前に知る!失敗しない外壁塗装 トップページへ戻る