外壁塗装する前に知っておきたいこと

外壁塗装Q&A

外壁塗装の際によくある質問と回答をまとめてみました。


Q:ご近所へ挨拶はしたほうがイイ?


A:最近では業者がご近所へ挨拶にまわってくれるところがほとんどです。
が、自分からも一言挨拶にいった方がイイ思います。


「何日から何日まで外壁塗装をします、ご迷惑おかけします がよろしくお願いします」 という感じでしょうか。
ご近所のトラブルで多いのは、工事用の車が邪魔、洗濯物が汚れた、
ニオイが気になる、車が汚れた、赤ちゃんがいる家だと騒音が迷惑などがあるそうです。


Q:お隣さんとの間がせまいケド大丈夫?


A:あまりに狭い場合、お隣の敷地内で足場を組まなければいけないケースがあります。
1mほどスペースがあれば足場を組めるそう。

(ある業者では40?ほどのスペースでも足場を組む事が可能だという記載もありました。)


ただ、説明不足などトラブルがあるそうなので隣の敷地を借りる場合は業者だけの挨拶だけに終わらせず、
施主からも挨拶に行くとトラブルを避けられるかもしれません。


また業者に詳しい説明をお願いしお隣に承諾してもらうとよさそうです。


Q:洗濯物は外に干せる?


A:自分の家の洗濯物は万が一を考えて部屋干し、コインランドリーがいいそうです。
作業する職人さんも見ないように気を遣うので外には干さない方がよさそうです。


隣近所へは養生シートで囲ってあるので心配ないそうです。
また、一般の家庭でスプレーで塗装するケースはあまりなく、ローラーや刷毛で塗るのが一般的です。
ただ可能性はゼロではないのでトラブル時の保証について確認をしておくといいでしょう。


Q:いつも通りに生活できる?


A:窓などに塗料がつかないように養生するので窓の開け閉めは制限されます。
打ち合わせの時点で使用頻度の高い場所は対応できるようですが、基本的には養生してしまいます。
真夏だとエアコンの使用度が増えるそうです。


Q:職人さんへお茶だしをしたほうがイイ?


A:職人さんは10時、12時お昼、3時に休憩をとることがほとんどです。
昔はお茶を出すのが当たり前でしたが、最近では出さないでといわれるケースが増えているそうです。
もし、ガンバってる職人さんを見て差し入れをしたい場合は出してかまいません。


頻繁に出すと逆に気を遣う職人さんもいるので、ほどほどで大丈夫だそうです。
職人さんに喜ばれるのはフタができるペットボトルで、
夏であれば炭酸飲料、冬であれば暖かい飲み物が喜ばれるそうです。


Q:ニオイは大丈夫?


A:塗料のニオイはします。水性の塗料よりも油性塗料の方がニオイは強くります。
2?3日後には気にならなくなります。


作業期間中、室内へニオイがこもらないか心配ですが、
窓の隙間をマスキング (テープ等で覆う)するので大丈夫だそうです。


また、換気口も閉めてくれるそうです。
人によってはニオイで気分が悪くなる人もいるそうです。


活性炭入りの特殊なマスクをしたり空気清浄機を使うなどの対処がありますが、
事前に相談して塗料を決めるといいでしょう。


Q:雨の場合、作業はどうなるの?


A:雨の場合は作業ができません。また、湿度が高過ぎると塗装できない塗料もあります。


Q:職人さんのトイレはどうするの?


A:工事現場で見かける簡易トイレの設置は基本的にありません。
家のトイレを借りる事はあまりないそうです。


職人さんは休憩時間に近くのコンビニなどで済ませるそうです。
が、生理現象なのでどうしても必要なときは快く貸してあげましょう。


Q:色が思ってた感じと違った場合の塗りなおしはできるの?


A:イメージの色と違ったという理由では塗り直しはできません。
業者によっては家の写真をとってイメージ画像を作ってくれるところもあります。
明らかに違う色だったときにはもちろん塗り直ししてもえます。


Q:塗装に適している季節は?


A:塗装は1年中できます。が、雨の日はできないので梅雨の時期は避けた方が良さそうです。
また、真冬の霜や気温の関係で作業ができない時間帯ができてしまい、
工事期間が長くなるケースもあるそうです。


Q:外出しても大丈夫?


A:もちろん外出しても問題ないです。必ず戸締りはしっかりしましょう。
共働きで帰宅が遅い家は、作業の確認ができないため作業内容の報告をお願いできるそうです。


Q:アレルギーなど体への影響は大丈夫?


A:シックハウス症候群などが大きく取り扱われるようになった頃から
有害物質の少ない塗料の開発が進んでいます。


もしニオイによるアレルギーがあれば水性の塗料がいいです。
また、有害物質がない塗料もあるそうなので業者に相談してみるといいでしょう。


Q:塗装に資格ってあるの?


A:塗装技能士の国家資格があります。年に1度試験が行なわれますが、
難易度の高い試験で学科と実技、両方を合格しないと資格が取れません。


他には「有機溶剤作業主任」、「足場作業主任者」などがあります。
また、10年以上塗装業の実績があり不正や不誠実がない会社には
「塗装工事業」として国土交通大臣・県知事から許可されます。


Q:一括現金で支払わないといけないの?


A:リフォームローンが組めます。
外壁塗装は税金控除の住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)の対象にもなります。


控除を受ける条件は、
1、工事費用が100万円を超える、
2、ローンの返済期間が10年以上、
3、減税を受ける年の合計所得が3,000万円以下
だそうです。


減税はウレシイですが利息分が大きければ
一括支払いの方が安く済むのでよく計算して決めた方が良さそうです。



>>【外壁塗装の費用相場ナビ】相場料金を事前に知る!失敗しない外壁塗装 トップページへ戻る