外壁塗装する前に知っておきたいこと

失敗しない外壁塗装の色選び

外壁の色を失敗したなんてことがよくあるそうです。
なぜ失敗するのか?外壁の色を選ぶ時サンプル(見本)だけ見て選んでいるのが原因です。


思った色と違ったからという理由では塗り直しはできません。
お金に余裕があれば話は別ですが。


失敗しないためにも色についてポイントをまとめました。


1、サンプル(見本)と実際の印象がちがう。


サンプルでイイと思った色が実際家に塗ったら思った色と違ったなんて失敗があります。
これは同じ色でも、小さい面積で見る色と大きい面積で見たときとでは違って見えるからです。


明るい色は大きくなるとより明るく感じるので、思ったより暗い色にし、
暗い色は大きい面積になるとより暗く感じるので、思ったより明るい色を選びます。


対処法はA4以上の大きさで見ると色のイメージがつかめるそうです。


2、色の組み合わせ


1階と2階で色を変える場合にある失敗です。それぞれを見たときはよかったのに
重ねてみると一方の色が違った色に感じることがあります。


組み合わせで暗く感じたり明るくなり過ぎたりするので確認をしましょう。


窓枠サッシの色や屋根の色でも印象が変わってきます。
業者によってシミュレーションしてくれるところがあるので活用してみるといいでしょう。


3、太陽の光


色を選ぶとき蛍光灯の下で見た場合、太陽の光の下で見た場合でも見え方に違いが出てきます。
家の正面に向けて見えた色が実際の色と一番近いので色を選ぶ環境も気にしてみて下さい。


また、パソコンでの色はモニターによってかなり違いがあります。
画面上だけの確認も失敗の原因になるのでパソコンだけでは決めないようにしましょう。


4、同じ塗料の家を見る。


実際、同じ塗料を使った建物があるなら、ぜひ紹介してもらいましょう。
コレが1番確実ですね。


また、イメージに近い建物があれば業者に相談してみるといいでしょう。
先ほどの注意で窓枠サッシなどの色の違いでも印象が変わってきます。


5、板張りは要注意


板張りは木なので色選びはかなり慎重にしましょう。
なぜなら、もとも木に染み込んでいる色の影響が大きいからです。


一番失敗したと感じることが多い外壁だそうです。
対処法は必ず目立たない場所で試し塗りをしてもらう事。
(木目を生かした含侵性塗料の塗り替えは色を変えることが基本的にはできないそうです。)


6、ツヤの違い


塗料にはツヤの違いもあります。
艶あり、つや消しで分類できます。


艶ありは光沢度70以上です。
これより光沢度が低いのが7分艶、5分艶(半艶)、3部艶と分けられます。


色によって艶の感じ方も変わって見えます。
ちなみに、5分艶は色ムラが目立ちやすいそうです。


塗料はツヤがなくなるにつれて耐久性が落ちるので、
つや消しの塗料を使うのであれば耐候性の良いものを選びましょう。


また、つや消しは白っぽく感じに仕上がります。


7、周辺環境との調和


街並みや自然環境と合っているか確認しましょう。


思っていたよりも派手だったという失敗もあるので
落ち着いた色を選ぶと周りとも馴染みます。




>>【外壁塗装の費用相場ナビ】相場料金を事前に知る!失敗しない外壁塗装 トップページへ戻る