外壁塗装する前に知っておきたいこと

外壁塗装の流れ

外壁塗装を業者さんにお願いした際の、実際の外壁塗装の流れを見ていきましょう。


1、足場を組む。
2、養生(塗料がついてはいけないところをシート等で覆う)
3、高圧洗浄
4、下地処理、ケレン(傷んでいる部分を直す。ケレンはサビ取りや古い塗料を取る作業)
5、下塗り
6、中塗り
7、仕上げ塗り
8、足場、養生の片付け


手抜きさせない裏ワザ


6、中塗りを手抜きの場合省くことがある工程です。
ずっと見ていない限り省かれたのか気づきにくいかもしれません。


その対策として、6、中塗り 7、仕上げ塗り の色をわざと違う色で
お願いする裏ワザがあるそうです。


塗料の種類によって透明度が高いとできない方法なので
相談してみるといいでしょう。


下地処理


・シーリングの直し方


外壁の種類によってシーリング(外壁の継目に使うゴム状の樹脂)が劣化していると
直しが必要になります。このシーリングを直す方法が2つあり「打ち増し」と「打ち直し」があります。


「打ち増し」は古いシーリングの上に新しいシーリングを足します。
「打ち直し」は古いシーリングを取り除いてから新しいシーリング付け直す方法です。


打ち増しは工程が少なく使う材料も少ないため費用も安くすみますが、
応急処置的な効果しかないので、長くいい状態を保つためには「打ち直し」がいいです。


・ひび割れ(クラック)の直し方


ひび割れ(クラック)があるときは補修をしかっりしないと同じ場所がまた割れます。
クラックの理想的な直し方は、ヒビを機械で削ります(VカットやUカットと呼ばれています)。


どれだけヒビが深いか見るためです。次に接着剤の役目をするプライマーを塗ります。
最後にシーリング(弾力のある素材)でヒビを埋めます。


・モルタルの浮きの直し方
コンクリートの上にモルタルが塗られている外壁は、
年数が経つにつれてコンクリートとモルタルの接着部分が剥がれて浮いてくる事があります。


この場合エポキシ樹脂注入をして剥がれ落ちないように処置します。
はじめに浮いてきてる場所にドリルで穴をあけます。


その穴へエポキシ樹脂を注入していきます。
次にピンニングといって、樹脂が固まる前にステンレスのピンを刺していきます。
最後に樹脂で穴を埋めれば完了です。



>>【外壁塗装の費用相場ナビ】相場料金を事前に知る!失敗しない外壁塗装 トップページへ戻る