外壁塗装する前に知っておきたいこと

外壁塗装の見積書チェックポイント

正直、外壁塗装の見積書は、素人が見ても、
どこがダメで、どんな見積書がいいものなのかわかりません。


簡単にチェックできるポイントをまとめてみました。


・一式


見積書に数量が出るものに「一式」と記載があったら要注意です。
別紙に説明がある場合もあるのでよく見ましょう。

もし、何の説明もない見積書なら必ず業者に詳しい説明のある見積書を依頼するのがベスト。
口約束だけではトラブルの原因にもなりとても心配です。


・塗料の詳しい情報


メーカー名や商品名、何缶使うのかが記載されているかチェックしましょう。
曖昧な記載は確認が必要ですし、詳しい見積書を作り直してもらいましょう。


また、オリジナルの塗料を使う業者があります。
悪い業者だと安い塗料に入れかえて使っていることがあるそうなので
「当社オリジナル塗料」はよく考えて判断した方がよさそうです。


・作業内容や使う材料がちゃんと書かれている


全ての業者で作業内容が全く同じということはありません。
使う材料や量も多少前後します。


見るポイントはどんな作業があり、どんな材料をどれだけ使うかしっかり記載されているかです。


塗装以外にいくつかの補修があれば、それが本当に必要なものなのか比較でき、
疑問に思えば質問すれば解決できます。(塗装を安くして、他の工事で稼ぐ業者もいるので注意です。)
素人でも分かりやすい見積書の業者が信頼できるポイントの1つです。


・塗装前の処理


外壁の痛み補修の下地処理、サビ取りや古い塗料除去のケレン、高圧洗浄という作業内容があるか見ましょう。
手抜き業者は塗装前の作業を省いたり、費用に入れないことで安くお得に見せてくるケースがあります。
塗装前の処理は塗装を長持ちさせるのに1番大事な工程なのでしっかり確認しましょう。


・足場の項目がない


普通の家であれば必ず足場を組んで作業します。
足場がなければしっかり塗装できないからです。


でも、中にはロープでぶら下がり作業する業者がいます。
必要に応じてロープを使う場合を除いて全ての塗装を
ロープでやるのはしっかりした仕上がりにならないそうです。


足場の費用を省いて安く見積もっている業者は要注意です。


・外壁、屋根以外の塗装(付帯部)


外壁や屋根以外にも塗装が必要な場所がいくつかあります。
雨どい、破風板(はふいた)、鼻隠し、雨戸、軒天、水切りなどです。


この記載がなく、後から追加請求されるケースもあるそうなので
見積もりの時点でどの部分が必要なのか確認しておくと安心です。


業者によって木部、鉄部と記載するところもあるので、どの部分なのか詳しく聞くといいでしょう。


・諸経費


諸経費とはご近所への挨拶やガゾリン代、電話代、清掃などの費用です。
諸経費の相場は全体の10%以下ほどだそうです。


諸経費が以上に高い場合は、諸経費の内容を確認した方がよさそうです。
諸経費÷見積もり総額でもとめることができます。(0.1=10%)


よい見積書は「どの部分に何を使って、どうするのか」をしっかり書いてあるものです。
塗料の選択も大事ですが、下地処理(痛んでいるところを直す)がしっかり書かれている
見積書を出せる業者は信頼できるポイントになってくると思います。


他には、悪い業者で契約書を省くところがあります。理由は証拠を残したくないから。
口約束であれば言い逃れしてしまいます。


のちのち問題が起きても(手抜きだと分かるのは数年後)
その時には連絡が取れない状態だったなんてケースが少なくありません。




>>【外壁塗装の費用相場ナビ】相場料金を事前に知る!失敗しない外壁塗装 トップページへ戻る