外壁塗装する前に知っておきたいこと

外壁塗装することによるメリット

塗料の機能がどんどん進化してるって知ってます?
たかがペンキでしょ?って思ってましたが
進化した塗料を選ぶことで大きなメリットが得られます。


この進化したペンキは「機能性塗料」と呼ばれています。


・見た目がキレイになる。
色はもちろん、つやや模様など今までとは違った新しいデザインにすることもできるそうです。


・遮熱効果
赤外線を反射させることで室内の温度上昇を抑えることができます。
夏のエアコン使用の削減に期待できるそうです。保温効果はなし。


・断熱効果
冬は暖かく、夏は涼しくなるそうです。光熱費削減が期待できます。
有機系耐熱塗料と無機系耐熱塗料、混合型がありますが無機系が1番効果が高い。


・防水効果
防水することで外壁を痛みを防ぎます。雨漏りや雨ジミも防ぎます。


・防火効果
外壁材によって効果は違ってきますが、熱を遮断する効果があります。
発火温度になる時間を遅らせることができます。


・耐震効果
こちらも外壁材によって効果の差がありますが、耐震性を強める事ができます。


・低汚染性
汚れがつきにくく、雨で汚れを浮き上がらせ洗い流してくれる。


・UVカット
紫外線による色あせや劣化を防いでくれます。


・防カビ
カビや藻の発生をバイオの力で防いでくれます。



外壁塗装のデメリットは永久でないこと。残念ながら1度塗り替えして終わりではありません。
塗装の効果は平均10年。メンテナンスが必要なのです。


最近では15年以上効果を保てる塗料もあるようです。
塗料を選ぶポイントになります。


もう1つはデメリットというか、業者の当たりハズレがあります。


ハズレ業者だと、塗り方が下手だったり、
業者に知識が乏しいために外壁材に適した塗料ではなかったり、
値段の安い塗料を使い高額な請求がだったとか...いろいろあるようです。


業者のハズレは、自分で塗装について勉強したり、
他の業者にも同じ見積もりをしてもらったりと
対処法はあるので回避できるデメリットになります。



>>【外壁塗装の費用相場ナビ】相場料金を事前に知る!失敗しない外壁塗装 トップページへ戻る